チャンドラー種クルミ

カリフォルニア大学は1979年に、カリフォルニア大学デービス校の果樹園芸学教授、W.H. チャンドラーから名前をとったチャンドラー種のクルミを発表しました。今日、チャンドラー種はカリフォルニア州で最も多く栽培されているクルミとなりました。チャンドラー種のクルミは 大きく、殻が滑らかな楕円形で、しっかりと閉じています。チャンドラー種は世界中で知られており、明るい色をした高品質なカーネルはバイヤーに高く評価されています。中手~晩成のチャンドラー種は最も高い収量の品種の一つです。

特徴

殻: 
薄い
色: 
ライト(ハートレー種とほぼ同等)
収量: 
48-51%
風味: 
マイルド
ハーフ収量: 
パーセンテージ:高い